個人再生を行うと、借金はどれぐらい減額してもらえるの?

債務整理の一つの方法である「個人再生」を行うと借金の残高を大幅に減らしてもらうことが可能です。
どのぐらいの減額がされるかというと、基本的に「現在の残高の5分の4が減額される」と考えておくとよいでしょう。500万円の借金がある場合には400万円が減額されて残りの100万円を返済していくということになりますね。
個人再生は現在ある借金の残高によっていくら減額されるかが決まります。
借金残高が100万円未満の場合は全額の支払い、100万円~500万円の借金残高の場合は100万円だけ支払う、といったような感じです。
自分の借金が個人再生によってどのぐらい減額されるか?は一度弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談してみるとよいです。
相談だけであれば無料で行われている場合がほとんどなので、「どのぐらい借金を減らすことができるのか」を把握した上で、弁護士費用や裁判所に支払う費用を考えて実際に個人再生を行うかどうかを判断するとよいでしょう。
多くの場合は弁護士などの費用を差し引いたとしても個人再生によって負担は大幅に減らすことが可能になります(借金の残高が大きいほど得られるメリットも大きくなります)。
現在借金の返済が滞りがちでお困りの方は参考にしてみてください。