自己破産を成立させるのに必要な免責とはどのようなものなのか

辞書では、免責とは本来であれば負わなければならない責任を許して、それ以上問わないようにすることを意味します。
しかし、債務者が自己破産を成立させるために受けなければならない免責は、一般的な免責とは異なり、一定の条件が必要となっています。
自己破産者は、財産を殆ど所有していなければ破産手続開始の決定とともに手続廃止が決定され、財産を所有していれば管財人によって債権者に財産の分配が行われます。
しかし、破産手続が終結した段階では、債務の弁済義務はまだ消滅していません
そのため、今度は債務の弁済義務を法的に消滅させるための手続きを行わなければなりません。
これが免責手続と呼ばれるものです。
免責手続において裁判所から免責許可の決定を受けるための条件は、法律で定められている免責不許可事由に該当しないことです。
免責不許可となる例としては、競馬やパチンコなどのギャンブルで多額の借金をつくった場合や、返済不能な状態なのを偽ってお金を借り入れたり、クレジットカードなどで買い物をした場合、直近7年間で一度でも免責を受けている場合などが挙げられます。
実際には免責不許可事由があっても、自己破産の申立てに至るまでの経緯次第では免責を許可するケースもありますが、通常の免責とは異なり、許可する際には裁判官から債務者に対して何らかの条件がつくことが多いです。