個人再生手続きと住宅ローン

借金の返済を滞納すると利息が元本に組み入れられることになっています。
利息が利息を生むようになると借金はどんどん膨れ上がっていきます。
最終的には返済を続けても借金が増え続けるという状態に陥ります。
こうなると返済を続けるのは無意味です。
債務整理をしたほうが賢明です。
安定した収入のある人は個人再生手続きを利用すると生活への影響を最小限に留めることが可能になります。
個人再生は申し立てが認可されたあとも借金を払い続けなければいけませんが、かなり減額されます。
また、支払い期間も3年間と限定的です。
住宅ローンを抱えている状態で個人再生を申し立てた場合は2つの選択肢があります。
1つは住宅ローンも精算するという方法です。
この場合は自宅を売却しなければいけないので銀行の同意が必要です。
自宅には抵当権が設定されているため、これを抹消しないと売却できません。
そして、抵当権の抹消登記には銀行の同意が不可欠だからです。
もう1つは住宅ローンの特則を利用するという方法です。
この方法を採ると、住宅ローンだけ満額払い続けるということができます。
この場合は抵当権を抹消する必要はありません。
もっとも、ローンを払い続けるだけの収入が必要となります。