キャッシングは夫に内緒でできるのか?

毎日節約して家計をやりくりしていても、予定外の出費があると、さらに生活が苦しくなってしまいますよね。
家族や友達にお金を借りるのはトラブルの原因にもつながるので、キャッシングを利用するといいでしょう。
主婦がキャッシングするなんて抵抗がある人もいるかもしれませんが、キャッシング経験がある主婦は意外と多く、1~5万円の融資をしている人が多くなっています。

キャッシングをしたいけど夫にバレないか心配で、融資の申し込みを躊躇してしまう人は多いと思いますが、主婦の場合には収入の有る・無しによって申し込みが異なります。
アコムでお金を借りる時には総量規制という法律があるので、年収の3分の1以上の借入をすることができなくなり、収入のない専業主婦の場合にはお金を借りることができないのです。
総量規制は消費者金融やクレジットカード会社などが対象で、銀行は対象外になるのです。
専業主婦の場合には銀行のカードローンならお金を借りることができ、しかもご主人の同意書などの書類などは不要で融資の申し込みをすることができるので、バレる心配もありません。
ただ、審査があるので必ずお金を借りられる訳ではありませんが、ご主人に安定した収入があり、過去に返済を延滞していない、現在複数社から借入をしていない事が条件になります。
収入のある主婦の場合には、消費者金融でも銀行でもお金を借りることができます。本人確認書類があれば融資の申し込みをすることができ、もちろんご主人にバレる心配はありません。

主婦のキャッシングもインターネットから融資の申し込みをすることができ、来店不要なので、誰にも知られずにお金を借りることができます。
主婦が借りられる限度額が気になるところですが、収入ありの場合には年収の3分の1以下、専業主婦の場合は限度額の相場が30~50万円となっています。

近年は即日融資が可能なキャッシングの人気が高く、急にお金が必要になった時には大変便利で、もちろん即日融資に対応している金融機関なら主婦でも利用することができます。
即日融資の場合には、午前中に申し込みをして、審査が通れば指定した口座にお金を振り込んでもらうことができます。

ご主人に内緒でキャッシングはできますが、バレないようにするにはカードローンカードや引き落とし口座を見られないようにしましょう。返済を延滞すると、自宅に督促状が届くのでバレる可能性があります。
また、返済の延滞は信用情報に傷がつくので、返済だけはしっかり行いましょう。

債務整理の方法によっては、内緒で債務整理ができる!

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングは、家族に内緒で借り入れすることができます。
その時は軽い気持ちで借り入れしたものの、返済に追われるようになり、債務整理を考えなければならなくなる人は、少なくありません。
ですが、自分が債務整理をしたことを、家族に知られたくない人もいることでしょう。

もし、家族に知らせずに債務整理をしたいのなら、方法の選択を間違わないことが大事です。
というのも、債務整理には「任意整理」「特別調停」「民事再生」「自己破産」という方法があり、方法によっては、家族にばれずに済ませることができないからです。
「特別調停」は、弁護士や司法書士を通さずに、自分と債権者である金融会社が調停の場で話し合う方法なので、郵便物を自宅か職場で受け取らなければなりません。
また「民事再生」と「自己破産」は、裁判所を通して手続きを行います。そのため、世帯収入や持っている資産をすべて報告しなければならず、場合によっては資産を処分しなければなりません。そのため、家族にばれずに済ませるのは難しいです。
ですが、「任意整理」なら、弁護士や司法書士の協力を得ることで、家族には秘密に債務整理を進めることができます。
どうしても債務整理が必要なら、任意整理をすることをおすすめします。

家族にばれないことより、適切な債務整理の方法を選ぶ方が大事

債務整理を考えるということは、そのまま返済を続けるのが難しいという現実を抱えています。
任意整理を選択することで、借金の総額や月々の返済額を減らすことができますし、家族にも内緒にはできます。
ですが、任意整理して減額した返済額を、払い続けられないほどの借金を抱えている人もいるはずです。
その場合は、中途半端に任意整理をするより、民事再生や自己破産を選ぶのが、適切なケースもあるのです。
家族にばれる・ばれないよりも、借金の返済で生活を破たんさせないことの方が大事です。
そして、自分にとってどんな債務整理が最適なのかは、弁護士や司法書士に相談することで明確になります。
自分の生活を立て直すためにも、専門家がすすめる債務整理を選択し、場合によっては家族にもきちんと話をする覚悟が必要です。
インターネットで検索すると、債務整理でどれだけ借金を減額できるのかを、無料で調べられるウェブサイトもありますので、情報収集し、自分にとって最適な債務整理は何か、きちんと考えてから、専門家に相談しましょう。