破産手続きをするときは裁判所に予納金を納めます

自己破産するとき裁判所で手続きを行うのでそのときに予納金を納めることになります。
裁判では法定に立つまでに書類を作る準備があるので費用がかかってきます。
カードローンなどの借金で手続きをした場合の予納金は高いものではなく手数料として数万円前後で済みます。
少額管財の場合の予納金は最低20万円からかかります。
破産したときに生活費ぐらいは残してると思いますが、裁判の費用も必要になるので別に用意しておくと良いでしょう。
予納金を払うときというのはすでに借金ができない状態なのでどこからも借りられないです。
予納金が払えないと手続きが止まってしまうことになるので、裁判の費用は弁護士に相談したのとは別にかかるものと思っていた方が後々慌てなくて済みます。
第三者が破産を申立てて予納したときは財団債権となるので優先的に弁済をしてもらえるので返還されます。
しかし破産者本人申立てをしたときは費用が余っても返還されることなく財産の一部として債権者に渡されます。
債務整理には過払い金返還もあるので、破産手続きをする前に消費者金融から違法の利息を取られ続けていないか調べてもらうことで戻ってくる場合があります。
払い過ぎの利息の返還請求で戻ってきた分は裁判の費用に充てることもできます。